4/15 こども色彩知育教室 報告

こんにちは

こども色彩知育インストラクター 原です。

私の予定で延期して日曜に、五反田文化センターの講義室を借りて教室を行いました。

 

いつもなら自宅開催なので、我が子たちはおもちゃを出したりお菓子をたべたがったりするのですが、それも出来ない、、、さて、どうするかと思ったら、、、

ひたすら走り回ってました。

うん、大騒ぎ 苦笑

しかも!今日に限っていつも受けてくれるお友達も来てなくて、まさかの我が子だけの色彩教室。

あー、もしかして、なにかと取り合いになってこれは教室上手くすすめないかも、、、って不安に思っていました。

 

でも!でも!さすが色彩!

インプットのところからしっかり集中始めました!

おぉぉ!

2歳の娘が兄にちょっかい出してない?!

おぉ!

今回は、ふわふわ 優しい色

2歳ちゃんはハサミを使いたがって、

6歳君はひたすらなんか丸めて作ってる。

そして最初に容器に入れるのは2歳

最初に容器を飾るのは6歳

さてさてどこがお気に入り?と聞くと、

6歳「フタを飾ったところ」

2歳「毛糸を貼ったところ」

 

毎回思うのですが、6歳の息子がいつも発表の時、嬉しそう

 

これって、凄いことだなーって、思うんです。

躊躇なく思った事を発表として言える事って。「間違ってないかなぁ」「恥ずかしいなぁ」「急に聞かれてもなんて言えばいいの?」っていう迷いがなくて、見ていて清々しくなります。

それって、慣れだけじゃなくて、創作してる時に考えているって事。

1月からの開講でまだ数回しかやってない教室。

でも6歳の我が子は着実に自由を楽しみ、考えて発表する事を当たり前としているのが分かります。

いつもは家で、お兄ちゃんとしてとか、目標にする大谷翔平になる為にはこれしなきゃとかいろんな制約があるけど、色彩のこの場は自由!

色彩はもっともっと一緒に楽しんで学んで行こうね!

Follow me!